最新のお知らせ

投稿者 : yuguchi 投稿日時: 2016年04月19日 (33 ヒット)

平成28年度『しもうちすくすくランド』『ランランひろば』開催のお知らせ

 未就園児のお友達

「すくすくランド」でママと一緒に遊びましょう!!
地域のお友だちがたくさんいるよ!!

今年度のランランひろばは〈ママが楽しめる活動〉を企画しました。
(左のチラシをクリックすると拡大できます)

お子さんはスタッフが見守りますよ。自由に遊ばせながら、ママもリフレッシュしましょう!!
みなさん、待っていま~す♪♪   

             《すくすくランド実行委員》


NEWS 最近の活動

最近のみなさんからの投稿

関市の同報無線の電話による確認方法

関市の同報無線の放送が聞き取れない場合、放送の内容を確認する方法があります
illust2042_thumb 電話による同報無線の確認ダイヤル  0800-200-8773(通話料金は無料です)
その日、一日24時間の放送が順次流れます #で次の放送を *で前の放送を聞くことができます

下有知風土記

下有知 藤塚 江戸時代に富士山信仰が爆発的に広がりましたが、旅が困難な時代のために富士講を作り代表者が富士参拝をして土を持ち帰り身近な場所に模倣富士山を築造して参拝出来るように築いたのが富士塚でした。下有知富士塚の場合は>>

下有知 曾代用水  尾張藩の浪人喜田吉右衛門と弟の林幽閑は、地元の豪農の柴山伊兵衛と相談し、長良川上流の曽代地区から水を引く用水を計画しました。詳しくは>> 2015/12/17 追補しました。





                                          

 下有知向山神社

昭和十三年九月三十日に、元の村社である日吉神社 ・ 元の村社である星宮神社 ・ 元の村社である土地神社 ・ 以前に合祀した斎宮神社 ・ 元の村社である大宮神社を合祀したのが銀幣社(ぎんぺいしゃ)向山神社です。  詳しく見る》

 斎宮社

 下有知で古き社の一つで有る斎宮神社は  当時は無格神ながらも立派な社で向山の麓に祭祀されていました  明治時代の終年に向山神社に合祀されました  詳しく見る》





 赤谷池

 赤谷池の周囲約1キロにわたり、財団法人オイスカから提供されたサクラやサツキなどの苗木4種類の合計200本が地元住民や小中学校の児童生徒などおよそ150人によって植樹され、現在ではよく整備された美しい所になりました。  詳しく見る》


 神光寺ミステリーゾーン

神光寺から奥に入った所にこんな不思議なところがありました  詳しく見る》




 八幡神社 気楽さま

 気楽さまから頂いた田を気楽田といって、この田から取れる穀物を笑翁気楽地蔵様 (しょうおうきらくじぞうさま) にお供えして、お祭りをするようになりました。  その理由というのは・・・・こちらへ》


 下有知 上切 咳止め地蔵

ある人が、風邪で体の具合が悪いのを我慢して、田んぼへ水を入れるためにここへ来ました。  上切に伝わる民話・・・こちらへ》




 唐栗神社(唐栗山)ずっとん和尚

 その山の東側に黄檗宗(おうばくしゅう)の松洞院(しょうどういん)というお寺がありました。 ある日のこと、和尚さんが裏山に登ってみると狸が一匹じっと和尚さんを眺めています。。  その後どうなったかは・・・・つづき》


 唐栗山 狼の聞き分け

唐栗山のふもとに末次郎というお百姓が住んでいました。 秋の取り入れも終わり 「寒い冬が来てもええな。来年までは・・・」 と言いながら、ふと薪小屋を見ると薪が少ししかありません。  マスコットキャラクター「からちゃん」の言われとは・・・こちらへ》




 神光寺 天邪鬼

 神光寺の屋根は、今でも天邪鬼が支えているのです。  その言われは・・・・こちらへ》


  西仙坊山 

サンショボ山 というところに、 『 太郎左 』 という雄の白ギツネが住んどったそうや。 太郎左はまだ一人もんで若いキツネやったんやと。 それから昔あった関所の南側の山で一ツ山には、『 おたけ 』 という雌の白キツネが住んどったそうや。 おたけも一人もんで、うつくしいキツネやったそうや。  民話 太郎左狐・たろうざきつね・・・こちらへ》



  竜泰寺 足跡てんじょう

 「 人間の力じゃ動かんな。どうしたらいいんじゃ 」 と、みんなが困りはててワイワイ、ガヤガヤ言っていると、監寺さん(かんずさん:留守番役のお坊さん)の道了様が 「 どれどれ、ひとつ、わしがやってみるかな 」と、言いながら岩に手をかけました。 「 ウーム! 」顔を真っ赤にして力みました。 すると岩が、ぐぐっと、動いたのです。 竜泰寺本堂の天井の言われ・・・・こちらへ》


  竜泰寺 竜ヶ池

竜は今でも、あの頃のことを思い出すと、自分は本当に強かったんだと思い、 「 なつかしいなあ! あれはいったいどれくらい前の事だったんだろう? 遠い、遠い、昔になってしまった 」 と、寂しそうにつぶやいていました。  下有知の民話「竜ヶ池」・・・こちらへ》



  竜泰寺(おぶと池) 新助の自慢

 おぶと池のほとりに、新助という猟師が住んでおりました。 ある冬の朝、新助が早く起きて池を見ると沢山の鴨が泳いでいました。 さっそく鉄砲を持ち出して、ズドーン!とぶっぱなしました。 すると岩が、ぐぐっと、動いたのです。 新助の自慢 つづきは・・・・こちらへ》


  南宮神社 東志摩

昔、一人の六部 が、この志摩部落を通りかかりました。 しばらく歩いていると辻に出ました。 「 どっちに行こうかな? よし、右へ曲がってみるか 」と、言ってどんどん進んで行くと、また別の辻に来ました。  下有知の民話『 志摩の迷い道 』 ・・・こちらへ》



  竜泰寺(じんねさ洞)  仏どじょう

 竜泰寺の裏山の北には、入江のように山の中に入りこんだ田んぼが沢山あります。 この田んぼには、 『 いちべい洞 』 とか 『 さいべえ洞 』 とか人の名前がついています。 これは、この荒地を一生懸命たがやして、田んぼにした人達の名前をとってつけられたものです。 『 じんねさ洞 』 の向いに 『 笠ぶた 』 と呼ばれる所があります。 仏どじょう つづきは・・・・こちらへ》


  竜泰寺 惟然坊

この話は、松尾芭蕉の最後の門下となり、自分でも数多くのすぐれた句を作った人、広瀬惟然 (ひろせ いねん) のお話です。  下有知の民話『 惟然坊 』 ・・・こちらへ》


 再発見 ザしもうち


「私達のまち下有知」は元重の子孫の兼常が良い刀が出来るようにと1381年に富士浅間大権現に参詣し富士山の土砂を持ち帰り作った冨士塚、そして手作業の難工事を乗りこえ10年の歳月を経て1675年に完成した曽代用水など貴重な文化財の残る自然の豊かなまち下有知を再認識するページです。知っているようで案外知らなかった自分の住むまちの故事来歴を再発見できるかもしれません。




山王山ハイキングコース 下有知にはご先祖が作られた ハイキングコースがありますが 現在は使われていないので残 念なことです。 下有知の皆さんが健康促進を 兼ねて山王山に親しんでいただ けるように山王山の整備を願っ ています。続きを読む・・・>>>


兼定と冨士塚



 



 下有知ふれあいまちづくり組織一覧



 下有知自治会各種団体からの年間行事予定、お知らせ等を掲載しています。それぞれのボタンをクリックして各団体からのご案内の詳細をみてください。


下有知ふれあいのまちづくり自治連下有知支部下有知区会関市社会福祉協議会下有知支部民生児童委員会下有知中学校下有知小学校下有知保育園修徳会下有知青少年育成協議会交通安全協会下有知消防団下有知体育協会下有知スポーツ少年団獅子舞保存会下有知ふれあいクラブ



 しもうちふれあいまちづくり協議会(地域委員会)



下有知 山王山



 



メインメニュー

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失  |新規登録

オンライン状況

8 人のユーザが現在オンラインです。

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

サイト内検索

人気記事リスト

最近のコメント

事務局

下有知ふれあいまちづくり推進委員会
下有知ふれあいセンター
館長 平田 幹司

〒 501-3217
岐阜県関市下有知3245番地32
電話番号 0575-25-2020