令和6年度 下有知中学校 1 年生「ふるさと学習」

 

下有知中学校1年生は野外学習として山王山への登山を行いました

 

これは、昨年度の中池での野外学習やそれ以前に行っていた長良川の川下りよりも、さらに“ふるさと下有知”について生徒たちが理解を深め、“ふるさと”を愛する人になって欲しいという願いを込めて、下有知中学校が企画したものです。

また、岐阜県の「ふるさと学習の重点項目への位置付け」の方針も相まって、令和6年度の野外学習から、「下有知ふるさと学習」へと方針転換をすることになり、令和 5年度の秋ごろから山王山整備会の 高橋さん、鳥本さん、山藤さん達にご協力を仰ぎつつ、準備を進めてきました。

22 日(月)当日も、週間天気予報では、雨続きで開催すら危ぶまれましたが、雨の合間の曇りという絶好の山登り日和となりました。

 

 

まず、入山式を行いました。そして山王山に登る前に松田先生より石仏の説明を受けました。

登山道の登り始めからある石仏を観察しつつ、一歩一歩登りました。

遠く東京から送られた石仏も見つけることができました。

1年生の生徒たちは、丸い石に手書きで描かれたかぐや姫が竹の間からたくさん顔をのぞかせているのを、ひとつひとつ眺めながら山王山を登っていきました。

山王山は、隅から隅まできちんと整備されていてとても登りやすかったです。

 

 

山頂からは、四方の景色が眺められ、下有知小中学校もはっきりと見えました。

その後、山頂から北西方向の長良川展望台の方に向かいました。

こちらの道はあまり人が通っていないのか、落ち葉も積もって滑りやすい道でした。

生徒たちは、おっかなびっくりと、時折葉っぱ足を滑らせながら、ロー プを伝って登り降りを行うことができました。

 

 

その後も、丸太橋を渡ったり、タケノコがちょこちょこ生えてきている竹林を抜けたりと、2時間から3時間程度歩いて、最初の登山地点に戻りました。

退山式を行った後、向山神社でお弁当をみんなで食べました。

今回のふるさと学習によって得た財産や課題は、1年生の学級目標づくりのキーワードになりました。

今後も、ふるさと下有知について学ぶ様々な活動を仕組んでいきます。

 

 

下有知中学校1年生生徒の感想文

ふだん何も思わずに登っていた山王山だけど、曾代用水を作った人達が用水の経路を見渡した山だとわかってびっくりした。 野外学習で学んだことを生かして、もっと良い中学校生活を目指していきたい。 また、学校ですれちがった人に挨拶をして、みんなが笑顔になれるような下有知中学校にしたい。

安全に怪我無く歴史を知ることが出来たから、下有知を大切にして過ごしていきたい。

色々な人が山王山を整備して出来た山だから、すごいと思いました。

アオキの木はもむと汁が出てきて、それを塗ると消毒代わりになる事がわかった。

山王山は誰かが道をきれいにしてくれたから頂上の眺めが良かったし、お地蔵さんは八十八体も有るとは思っていなかったので驚きました、山王山は沢山の人から守られているんだと思いました。

 

 

下有知中学校1年生生徒の感想文

山王山が戦争で亡くなった人のために石仏を作って戦争と関係有る事を初めて知った。私達のために山王山を登りやすくしてくれて嬉しかった。

昔の下有知は田んぼが少なかったから、山王山に登って何処に用水を作るかを決めていた事がわかった。

色々な人が地域の話をしてくれて学べたから良かった、もっとこの地域を大事にしていこうと思いました。

下有知にはあんな歴史のつまった山王山という山が有るんだなと思いました。ヨモギの葉っぱも教えてもらって、表が緑色で裏が白色なのがヨモギの葉っぱだそうです。

 

 

下有知中学校1年生生徒の感想文

安全に楽しく山道を進めれたのは地域の人のおかげで、私も下有知を大切にしながらみんなと学んで行こうと思った。

地域の人の話を聞いて下有知や山王山には沢山の歴史が有って、それを今も大切にいるのだと思いました

山の頂上にいたときの景色がきれいでした、私の家も見えました。

私も山王山の事をもっと調べて家族に教えたいと思いました。頂上は沢山の家が見えたけど、私の家は山でかくれていたので見えなかったです。

 

 

下有知中学校1年生生徒の感想文

八十八体の石仏は日露戦争で亡くなった人の石仏がある事は初めて知った自分の知らない事が沢山有ったのでびっくりした。

下有知の自然や歴史を楽しく学ぼう、が出来たので良かったです、下有知の自然や歴史について知る事で下有知を好きになれました。 野外学習を通して友達との仲も深まったので良かったです。

 

関市立下有知中学校 1年学年主任 川畑 建一郎

 

下有知小学校放課後ふれあいクラブ

 

第1回活動 「軽スポーツ三種目(玉入れなど)で遊ぼう」

〔 10名参加、保護者6名、安全管理員5名 〕‘24,5,19(日)

 

開会式では、ふれあいクラブ実行委員会会長の横山伸治さんから歓迎と期待を込めたあいさつをいただき、指導者代表の纐纈明さんから指導者の紹介と説明を受けました。

次いで、9時から11時半まで、児童10名と保護者6名と安全管理員4名等で9名ずつの3チームに分かれて、Aチームはサスケ玉入れ、Bチームはシャッフルボード、Cチームはラダーゲッターを始めに軽スポーツ三種目を順に体験しました。

 

 

ゲームを始める前には、各種目の指導者から十分な指導を受け練習をしました。

サスケ玉入れは高さが上がる3つの籠にチーム全員で玉を全部入れてしまうタイムを計りました。

シャッフルボードは一人一人が細長い棒で4枚のディスクを順にコートの得点の的をねらって押し出して得点を競いました。

ラダーゲッターは両端にボールがある3本の綱をラダー(はしご)に投げて引っ掛ける位置で得点を競いました。【玉入れ、シャッフル、ラダーの順】

 

 

種目ごとに投げ方や押し方をあれこれ調整して、あきらめず何度も何度も繰り返す姿が見られたり声援や拍手が聞こえたりと、指導者とかかわりながら、指先から足腰の全身、頭脳を使って、どの種目にも熱心にチャレンジできました。

Aチーム 5分25秒 250点 92点
Bチーム 3分22秒 192点 46点
Cチーム 3分28秒 183点 83点

 

 

後片付けやモップがけまで、委員の方から指導いただいて、楽しく充実した一時を過ごすことができました。

同時に下有知のいろいろな組織に支えられている「ふれあい活動」のスタートを切ることができました。

 

8:00 スポーツ推進委員、体育委員の皆さんで準備

8:50 受付、保険掛金回収、名札確認

9:00 開会式、会長挨拶、説明、推進員・委員等紹介

9:15 軽スポーツ三種目に挑戦        9:50 休憩

10:05 チーム毎に、残りの種目に挑戦

11:05 自由に種目を選んで挑戦

11:15 成績発表、片付け、モップがけ  11:30 解散

 

2024,5,19(日)

下有知小学校放課後ふれあいクラブコーディネーター

松田 和彦

 

ふれまち協議会令和6年度総会を開催

 

しもうちふれあいまちづくり協議会の令和6年度の総会を令和6年5月6日(月)に、下有知ふれあいセンターにて開催しました。

当日は74人の委員の出席で、①令和5年度の事業報告・決算報告、②役員の選任、③令和6年度の事業計画・予算を審議し、何れも原案のとおり承認・可決されました。

今年度は役員改選時期のため、会長・副会長等を除きほぼ全員の役員が交代されました。

総会終了後、各部会に分かれて担当事業の確認や推進などについて話し合いが行われました。今後、各部会が主管となって各種事業が展開されていきます。

区民の皆様には、今年度もふれまち協議会の活動にご理解とご協力をお願いいたします。

 

 

令和6年5月  下有知ふれあいセンター

 

山王山からわたしたちのまちを見て

 

山王山からわたしたちのまちを見て 

下有知小学校 3年生 山王山(153m)山登り

 

お地蔵様に手を合わせながら「家族がみんな幸せでありますように。」とつぶやく子。山頂が近づいてくると「先生、空が近づいてきたよ!」と喜ぶ子。

自然の中で見られる子どもたちの優しさや、感性の美しさは、実際に山に登って感じたからこそ表出されたものだと思いました。

今回、社会・理科・総合的な学習の時間の一環として、頂上から下有知の町を見渡したり、季節の生物を見つけたりする目的で山王山に登りました。

 

 

「私の家あそこや!」「先生、学校見えたよ。」「たけのこでっかい!」といつもとは違う景色や体験に、子どもたちの目はきらきらと輝いていました。

下有知に住む子どもたちにとって、ふるさとを大切に思う気持ちを育む一つの機会になったのではないかと思います。

こうして、山に入ることができたのは、何年もかけて山を整備し続けてくださった地域の方々のおかげです。本当に感謝しています。

これからも、子どもたちのふるさとや自然を愛する気持ちを育てることのできるような学習を継続していきたいと思います。

 

R6.4.27 3年1組担任 坪井美紀

 

 

前々日まで続いた雨も止み、当日は気温22度程で晴れ、山登りをするには良い天気となりました。

この日の山登りは、しもうち登山口から山王山頂上を目指し、頂上の見晴らしで自分たちが学ぶ小学校や、住んでいる下有知地域、自分たちの家を確認することが目的となります。

 

10時20分頃しもうち登山口にて児童たちと合流し、児童達の元気いっぱいの挨拶を受けました。

挨拶の時に、山王山整備会が頂上からの見晴らし良くしたのは、下有知小学校や下有知中学校の生徒が自分たちの住む街を見渡し、山と触れ合うすばらしさを感じて欲しいと10年間整備を続け、そしてこの日がこども達が山と触れ合う山王山整備会の念願の日であることを伝えました。

 

 

10時半頃に登山口を出発し早速、八十八体の石仏に興味を持つ児童達。 

石仏には寄進者の名前と番号が掘ってあり、石仏を巡ることで家族の安全や健康を願う事が出来る事を理解してもらいました。

子供たちが興味を持った事は落ちている枯葉・木の実(ドングリや栗)・生息している木々や花々です。 

その中でも多くの児童が興味を持ったものに「タケノコ」で、山道にいくつもの伸びている竹(タケノコ)です。 

大きく力強く伸びるタケノコにみんな興味津々で、食べられる事を知っていてみなタケノコを採りたがりました。 

でも伸びきったタケノコは食べるには適当で無い事を多くの児童は知っておらず、食べるのに適したタケノコを見つけて教えてあげましたが、この日は時間がなくタケノコ掘りは出来ませんでした。

 目に見えるものすべてに興味を持つ印象で、さすが授業で来ているだけはあるのかな?と感心しました。

列を乱す者がいれば、女子生徒が注意をして、皆そろって安全に山登りを進めました。 

活発な男子生徒は近道を探し、懸命に木々やロープを使って上手に登ります。

 

 

11時頃には山頂に到着し皆が住んでいる町や小学校を確認しました。

 途中で見えた「マーゴ」には皆が声を上げて驚きました。

山頂で蛇を発見し追いかける生徒たち。 変わった石を見つけ見せに来る男の子。 おっかなびっくりで悪路で手を取ってもらいたい女の子。 

元気に全員で「ヤッホー」と自然に声を出していました。

その後あっという間に下山しましたが、下山中も山に興味のある子は私に色々と質問をしてきました。

 

11時半に無事に下山しお腹が減ったようで早く給食が食べたいと言い出しました。

皆が熱心に話を聞き、一生懸命山登りをしました。 下山後に一番の石仏が無かった事に気づいていた女の子たちに、一番石仏から三番石仏の場所を教えました。 

そして皆が気持ち良く学校に帰っていきました。

 

令和6年4月26日

山王山登山の案内 : キャトルコール 山藤暢明

 

 

下有知ボウリング大会を開催

 

令和6年3月23日(土)、しもうちふれあいまちづくり協議会・健康・スポーツ部会主管で、下有知ボウリング大会を関ボウリング場にて開催し、小学校低学年の子供から高齢の方まで46名が参加されました。
ゲームは、16のレーンを使用し2ゲームの合計得点で競い合いました。プロ顔負けの投球フォームで投げる方がいたり、あちこちでストライクや難しいスプリットをクリアする度に拍手や大きな歓声が上がるなど、参加者は和気あいあいとゲームを楽しんでいました。

 

ゲーム終了後結果発表を行い、1位から3位及び飛び賞、ブービー賞の計12名の皆様に賞品をお渡ししました。受賞された皆様大変おめでとうございました。

 

優勝、準優勝、3位は次の皆さんです。(敬称略)

 

優 勝  小林美里

 

準優勝  小林京子

 

3 位  小林賢子

 

 

平成6年4月  下有知ふれあいセンター

 


メニュー

広報 しもうち

募集

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

オンライン状況

58 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 下有知各団体活動記録 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 58

サイト内検索

人気記事リスト

事務局

しもうちふれあいまちづくり協議会
下有知ふれあいセンター
事務長 平田 幹司

〒 501-3217
岐阜県関市下有知3245番地32
電話番号 0575-25-2020