カテゴリー ‘下有知ふれあいまちづくり協議会’ のアーカイブ

第5回下有知小学校放課後ふれあいクラブ活動を行いました

 

第5回活動「松ぼっくりやどんぐりなどの木の実で工作をしよう」

 

新型コロナウィルスの第六波の感染拡大が懸念される中ではありましたが、ふれあいセンターの大会議室を借用して室内でのふれあい活動を実施しました。

児童8名と同伴者3名の参加を得て、講師・安全管理員等5名で雑木の枝や木の実を活用した小さな木工作を楽しみました。

 

9:00  受付,健康チェク、机や椅子の準備

三密を避けることなどの注意

9:15  2グループに別れて、A―ひな飾り作り B―やじろべえ作り

作業の進んだ子から、松ぼっくり飾りに取り組む。

10:15 AとBの工作を交替

11:15 後片付け、ビー玉遊び

11:30 ふれあい公園 外遊び

11:45 解散

 

 

大会議室で分散して活動できるように2グループに分け、一方は竹ひごとくるみの実と小枝を利用した「やじろべえ作り」から取り組み、もう一方は円筒形に切りそろえた小枝と枝を輪切りにした円盤で「お雛様作り」から取り組みました。

それぞれのグループで作業の早く進んだ子は、松ぼっくりの飾り、どんぐりの飾り、木の短冊に少しずつ移行して工作しました。

1時間ほどしてそれぞれのグループの「やじろべえ作り」と「お雛様作り」が一段落したので、交替して「お雛様作り」は「やじろべえ作り」に取り組むというように活動の後半に移りました。

 

紙やすりでお雛様の顔をきれいに磨いたり、くるみの穴にひごがぴったりはまるように、ひごの先端を削って調製したりと根気よく作業に取り組むひたむきな姿が見られました。

また、うまくいかないときには進んで講師等に助けを求める意欲を感じました。

 

 

大騒ぎはしませんでしたが、「わあっ、おおきな松ぼっくり。」 「ボンドでうまくつかない。」 「かわいい感じでうまくできたね。」 「さっきまでは、うまく立ったのに(釣り合い)、どうしても立たない。どうして?」  「ここは、どうしたの?」…などと、作業に素直に没頭する姿や松ぼっくりやドングリを分け与える姿が講師等を喜ばせました。

今回の活動で使われた工作材料の木の枝は、山王山の登山道整備の際に切り払われた雑木をいただいてきたものです。

改めて整備にあたられた関係者の方々にお礼申しあげます。

 

2022.01.15(土)

下有知小学校放課後ふれあいクラブコーディネーター

松田 和彦

 

 

ふれあいセンターの年末大掃除を行いました

 

令和3年12月26日に下有知ふれあいセンターの大掃除をふれまち協議会運営委員などの皆さんで行いました。
新しい年を迎えるために軒や窓ガラス、照明器具などを念入りに磨き、一年の汚れを綺麗に落とすことができました。
新年も気持ちよくふれあいセンターを利用していただけるものと思います。
まだまだコロナが収束しませんが、多くの皆様のご利用をお願いいたします。

 

 

令和4年1月  下有知ふれあいセンター

 

下有知小学校放課後ふれあいクラブ活動を行いました

 

第4回活動「関テクノハイランドや赤谷池周辺で木の実を見つけたり拾ったりしよう」

 

寒波到来の予報の中で運よく天候に恵まれ、午前9時より3年生以下の児童8名と講師等引率4名、そして途中参加の保護者親子でテクノハイランドと赤谷池を11時半までに無事巡ることができました。

 

9:00 受付,健康チェク、諸注意

9:15 テクノハイランド南公園出発

9:35 砂行1号古墳、ご無礼をお詫びして昇る

9:55 赤谷池、ウシモツゴ保護看板

10:15 烏帽子岩、見て確かめるだけで通過

10:20 防災調整池、歩道一面のドングリを拾う

10:25 テクノハイランド北公園でお話、休憩

11:00 南防災調整池一周、野鳥、松ぼっくり

11:25 文化財保護センター資料配付、解散

 

現地集合場所の関テクノハイランド南公園駐車場では配送トラックやダンプカーが行き来したりガスパイプラインの設置工事が行われたりする中を、順調に目的の場所へ移動し、そして随所で講師の八木和弘さんのお話を聴くことができました。

 

 

最初に砂行遺跡の発掘調査後に整備して残された「砂行1号古墳」に昇りました。

「どんな形?」 「円い形。」 「大昔のこの辺りの力のあった人のお墓だよ。」 「誰のお墓、名前は?」 「お墓だったら、あがってはいかんよ。」という会話が続きました。

大切な場所であることはおぼろげに理解できたようです。

 

次の赤谷池では、関市生活環境課の設置した啓発看板により、絶滅危惧種「ウシモツゴ」の保護増殖活動が下有知小学校、中組環境保全向上協議会、ウシモツゴを守る会によって行われていることを知りました。

「学校にいるはメダカ?」 「ウシモツゴはメダカより大きい?」 という疑問の声が学校の日常まで続くといいなと思いつつ、ドングリを拾いながら赤谷池を一周しました。

池の周囲にあった2,3個のオイル缶に張った氷に興味津々で、素手で氷をつかんで楽しんでいました。どうも、この缶の氷が、今回の一番印象深い出来事だったようです。

 

 

テクノハイランド西側の北防災調整池周囲の歩道一面にドングリが敷き詰めるように落ちていて、十分堪能して拾うことができました。

山林が工場敷地や道路になり、降った雨水が一気に流れ出さないようにするための池だという八木さんの説明に、「土砂災害」というつぶやきもありましたので、それなりに防災調整池の役割が実感できたようです。

そこで休憩してから南防災調整池へ移動し、周囲をドングリや松ぼっくりを見つけたり泳いでいるカモを数えたりして南公園駐車場へ戻りました。

 

 

解散する前に、各家庭で見ていただくように、関市文化財保護センターでいただいた 「いにしえの関、集落遺跡7選」 と 「関市弥勒寺史跡公園」 を配りました。

それは、テクノハイランド周辺は 「大平前遺跡」 「深橋前遺跡」 「榿ノ木洞遺跡」 「末洞遺跡」 「南青柳遺跡」 「砂行遺跡」という古代の遺跡が目白押しに発掘された地域であること、先月に山王山に登って見えた弥勒寺史跡と共に対岸の重竹遺跡も古代の重要な地域であることを、ぼんやりとでも理解してほしいと考えたからです。

 

2021.12.18(土)

下有知小学校放課後ふれあいクラブ

コーディネーター 松田 和彦

 

 

ふれあい山王山登山と富野ふれまち委員会との交流を行いました。

 

ふれあい山王山登山を11月21日(日)にふれまち協議会文化・交流部会主管で行いました。

昨年は新型コロナウィルスのまん延のため中止しましたが、今年は感染状況が落ち着いてきたため、参加者数を抑えて行いました。

当日は、天気も良く100人以上(スタッフを含む)の皆さんが集まり、スタッフから説明を受けた後2コースに分かれて4チームがスタッフの案内で登山道へと進みました。小さなお子さんも家族の方と手をつないで楽しそうに上って行きました。皆さん元気に下山され、おにぎりを受け取って帰られました。

また、今回は富野ふれあいのまちづくり委員会との交流事業として行い、富野から3名の参加をいただきました。山王山の登山道はしっかりと整備されていて大変登りやすいとの感想をいただきました。

 

 

 

 

富野・本城山登山に参加

 

12月5日に富野との交流事業として、下有知ふれまち協議会から3名が富野ふれあいのまちづくり委員会が毎月行っておられる本城山登山に参加してきました。

本城山(423m)の山頂付近には、1536年頃築城された本城山城(小野城)の石垣などの城跡がいくつも残っており、歴史探訪も兼ね添えた登山コースとなっています。

当日は、関市文化財保護センター主催の「第4回関の遺跡めぐり」も同時に行われ、約40名の参加者は市職員の史跡の説明を聞きながら登山を楽しんでいました。

コースの途中には急斜面が何個所もあり、下有知の参加者からはかなり登りがいのある山との感想を寄せられました。

富野ふれまち委員会の皆様には大変お世話になり、ありがとうございました。

 

 

令和3年12月11日

下有知ふれあいセンター

 

下有知ゴルフ大会を開催

 

下有知ゴルフ大会を令和3年11月24日に、しもうちふれあいまちづくり協議会健康・スポーツ部会の主管で行いました。

当日は、会場の美濃関カントリークラブに29名が参加。少し寒い天気でしたが参加者は和気あいあいとプレーを楽しんでいました。

入賞された方は次の皆さんです。(敬称略)

優勝  丹羽 ひろ子

2位  小林 恒夫

3位  平田 喜好

 

写真は、優勝された丹羽ひろ子さんに賞品を授与。

 

令和3年12月4日

下有知ふれあいセンター

 


メニュー

広報 しもうち

募集

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

オンライン状況

25 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 下有知各団体活動記録 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 25

サイト内検索

人気記事リスト

事務局

しもうちふれあいまちづくり協議会
下有知ふれあいセンター
事務長 平田 幹司

〒 501-3217
岐阜県関市下有知3245番地32
電話番号 0575-25-2020