中組区夏祭りで三世代の区民が集う

 

8月17日(土)に恒例の中組区(5区)夏祭りを開催し、関係団体で三つの行事を行いました。
三世代の地域住民約150名が集い、大いに楽しみ、親睦を深めることが出来ました。

世界遺産曽代用水の支線野畔(ノグロ)川での鮎のつかみ取り
午後4時から中組環境保全会主催の鮎のつかみ取りを行いなした。
世界遺産曽代用水の支線である野畔(ノグロ)川に、鮎100匹を放流し、小学生以下の子どもたちがつかみ取りをしました。
最近は、子供たちが川に入って、魚をつかまえて遊ぶことが少なくなっています。自然とのふれあいを楽しみ、歓声が上がりました。

DSCN0207 DSCN0202

松ヶ洞お地蔵様の念仏供養
午後6時からは松ヶ洞お地蔵様の念仏供養を獅子舞保存会若宮社が主催で行い、地区の平穏無事と無病息災を祈願しました。
このお地蔵さんは「下有知風土記9」に掲載されているお地蔵さんです。
20190818_100841 PIC_0354_NEW

納涼夏祭りの夕べ
午後7時から納涼夏祭りを中組集会場の広場と室内で行いました。
この夏祭りは中組区主催、獅子舞保存会若宮社、子供会の共催です。
焼きそば、ネギマ、フランクフルト、枝豆、かき氷、生ビール等の模擬店を出店しました。
生ビール(中ジョッキー1杯100円)は好評で150杯飲みました。

20190817_192740 20190817_193814

金魚すくいは無料開放、集会場の室内でのスカットボールと輪投げ大会も無料で、たくさんの景品を準備しました。
子ども達が大勢参加してくれました。子ども達には夏のいい思い出になったと思います。

20190817_193654 20190817_193612

役員の皆さんお疲れ様でした。
また、各行事に参加して下さった区民の皆さんありがとうございました。

令和元年8月25日  中組夏祭り実行委員会

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ